うちの夫が糖尿病になっちゃった! | 食と血糖値・漫画ブログ

夫が2型糖尿病になってしまいました!二人の子どもを抱えた闘病生活を漫画(絵日記)で綴ります。糖尿病患者や予備軍の方の参考になるよう、お料理写真や血糖値・糖尿病の最新情報、生活習慣病に役立つ情報などを分かりやすくをモットーにお届けします!

タグ:飲酒

ビール500ml1本でめちゃくちゃしんどそうだった夫…。血糖値スパイクと重なってしんどかったのか…。けど、体がもうあまり受け付けてないのかと思います。お酒の頻度は、今は赤ワインをグラス1~2杯を2、3日に1回飲むくらい。糖質カットしていないビールを飲むのは本当に ...
1

2

3

4

ビール500ml1本でめちゃくちゃしんどそうだった夫…。

血糖値スパイクと重なってしんどかったのか…。

けど、体がもうあまり受け付けてないのかと思います。

お酒の頻度は、今は赤ワインをグラス1~2杯を2、3日に1回飲むくらい。

糖質カットしていないビールを飲むのは本当に久しぶりでした。

それにしても、うちの父の物忘れの方がかなり深刻で会話したことすら覚えていないので話になりませんでした。

もともとうっかりしているので、なんともいえないですが。。

まぁ、子供たちとたくさん遊んでもらって、楽しい帰省でした(^^♪


↓少しでもお役に立てればポチッとお願いします♡
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 

ツイッターでフォローする

  ーーー

↓ユーチューブ、最新でーす★
【セルフチェックあり】足切断の可能性も!?300万人いるといわれる足梗塞とは…?
 

「うちの夫が糖尿病になっちゃった!」のユーチューブチャンネルです!
https://www.youtube.com/channel/UC76yPqguDfolBd1GJF-eliA

チャンネル登録よろしくお願いします!

ーーー
↓ダイエットにもぴったり!低糖質おかずのレシピサイトです!
低糖質レシピサイト



↓LINEで更新通知が受け取れます!
LINE登録

インスタバナー
フォローしてもらえると嬉しい!

  

↓マルコと病気の夫に応援ポチッ、今日もありがとうございます!
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

↓応援ポチッもう1個お願いします(*´▽`*)

 

血糖値を気にする人はお酒は控えた方がいい…?いや、むしろ逆だという研究結果があるようです…! ...
血糖値を気にする人はお酒は控えた方がいい…?

いや、むしろ逆だという研究結果があるようです…!

忘年会シーズン到来です!忘年会と言えば、お酒…さて、血糖値が気になる糖尿病や予備軍の方に注意してほしいお酒の飲み方や血糖値を上げにくいお酒をまとめましたー! ...
忘年会シーズン到来です!

忘年会と言えば、お酒…

さて、血糖値が気になる糖尿病や予備軍の方に注意してほしいお酒の飲み方や血糖値を上げにくいお酒をまとめましたー!

秋も深まり、紅葉が美しくなりました「近所の山へハイキングがてら登山へ行こうか!」なんて家族やお友達と出かけたりしますよねしかし、思いもよらぬ事故が起きる可能性があるので注意しないといけません…! ...
秋も深まり、紅葉が美しくなりました

「近所の山へハイキングがてら登山へ行こうか!」

なんて家族やお友達と出かけたりしますよね

しかし、思いもよらぬ事故が起きる可能性があるので注意しないといけません…!

なぜ糖尿病患者に飲酒が勧められないか①アルコールはカロリーが高いので肥満の元②お酒を飲み続けると血圧が上昇するので高血圧の元になる③脳卒中と心臓病(不整脈を誘発して心不全に)の原因になる④睡眠障害の原因に⑤利尿作用があるため、脱水症状を起こす。寝る ...
1

2

3

4

なぜ糖尿病患者に飲酒が勧められないか

①アルコールはカロリーが高いので肥満の元
②お酒を飲み続けると血圧が上昇するので高血圧の元になる
③脳卒中と心臓病(不整脈を誘発して心不全に)の原因になる
④睡眠障害の原因に
⑤利尿作用があるため、脱水症状を起こす。寝る前に飲むと血液がドロドロに
⑥お酒を薬と一緒に飲むと薬の作用がうまく働かなかったり、副作用が出たりする

けど、こんな説もあるんです!
5

ーーーーーーーー

週3回から4回飲酒する人は、全く飲まない人と比べ、2型糖尿病の発症リスクが低下することが、デンマークでの研究で示された。

特に効果が高いのはワインだという。

一方で「アルコールのもたらす影響には個人差がある。飲み過ぎは勧められない」との専門家の声も出ている。

ーーーーーーーー

「週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?|ニュース資料室|糖尿病ネットワーク」の記事より抜粋

これはワインとビールに限って、適切な量のお酒は糖尿病のリスクを軽減するという研究結果がデンマークで発表されたという事なんです

6

ーーーーーーーーーーーーーーー
 アルコールは、「酒は百薬の長」といわれるように、適量を守れば、血行を促進し緊張感を和らげ、体に良い働きをもたらす。

国立がん研究センターの調査では、適量の飲酒を続けている人では、脳卒中の発症が4割低下することが示された。

この理由としては、アルコールの作用で善玉コレステロールであるHDLコレステロールの血中濃度が上がることや、血液が固まりにくくなることが挙げられる。

 ただし、アルコールの便益を得られるのは適量を守っている場合に限られる。

「節度ある適度な飲酒量」は、1日平均アルコール量で20g程度。

アルコール度数はお酒の種類によって異なるが、だいたいビール中瓶1本(500mL)1本、日本酒1合(180mL)、赤ワイングラス2杯(200mL)、焼酎半合(90mL)くらいが適量とされる。
ーーーーーーーーーーーーーーー
「アルコールと健康の関係は?「酒は百薬の長」は本当か|ニュース資料室|糖尿病ネットワーク」の記事より抜粋


必ずしも悪いわけじゃない飲酒

けど、多量の飲酒は絶対体によくないので付き合いで飲む機会が多い人は要注意だね
それとすでに糖尿病の合併症を併発している人はお医者様によく相談して量を考えてね

人生楽しく過ごすことが一番病気から離れていくと思うし、適切な量を守って楽しくお酒とも付き合っていけたらいいですね(^^♪

↓初めてご訪問の方はこちらもどうぞ
糖尿病の始まり

↓LINEで更新情報をお届けします♪
 

↓ブログ村参加してます!
夫の病気が治るようにポチお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

↓もう一個マルコを応援!!ポチッお願いします!