前回の話(【妊娠10か月】諦めきれなかった無痛分娩②まさかの2度目の転院…!?(妻の高齢妊娠編81))
【妊娠10か月】無痛というが、無痛ではない…?「硬膜外麻酔分娩」とは?(妻の高齢妊娠編82)1

【妊娠10か月】無痛というが、無痛ではない…?「硬膜外麻酔分娩」とは?(妻の高齢妊娠編82)2

海外ではこの「硬膜外麻酔分娩」がかなり広がっているようです。

副作用もなく、妊娠高血圧や糖尿病の方にもおすすめでフランスではほとんどが硬膜外麻酔分娩で生まれているとの話。

2016年のデータでは日本では6.1%に比べ、フランスでは82.2%です。
日本産科麻酔学会

しかし、残念ながら日本ではまだまだ数が少ないのが現状です。

もっとお産が楽になれば、少子高齢化を少しでも食いとどめることができるのではと思うと残念です…。

→続きを読む

↓応援ポチッとお願いします♡

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 

ツイッターでフォローする

↓このシリーズを最初から読む
 


↓LINEで更新通知が受け取れまーす!1日1健康★
LINE登録バナー
現在8310人の方に読者登録していただいてます♡

 ーーー

このブログが本になりました!祝・2週間で増刷!!


↓楽天でも販売中!